oshirase

防災シンポジウム「南海トラフ巨大地震に備える~東三河地区の防災力向上に向けて~」開催のお知らせ

 

 

本シンポジウムは終了いたしました。
たくさんのご参加,ありがとうございました。

 

「南海トラフ巨大地震に備える~東三河地区の防災力向上に向けて~」

日時:2013年12月12日(木)13:00~17:00

場所:穂の国とよはし芸術劇場「プラット」アートスペース(豊橋市西小田原町123番地)

 

* 参加は無料ですが,定員200名につき,参加申し込みが必要です。
*参加申し込みにつきましては申込書に記入の上,下記の連絡先(本学研究協力課研究センター係)までご連絡ください。
 参加申込書
 FAX:0532-44-6568
 e-mail:carm=office.tut.ac.jp(=を@へ置き換えてください)
* シンポジウムのチラシはこちら(PDFファイル)

 

【趣旨】

 安全安心地域共創リサーチセンターでは,東三河地域の企業・自治体等において災害時に活躍できる防災の担い手の育成を通じた地域防災力の向上に取り組んでいます。本シンポジウムでは,防災力向上に長年取り組まれた専門家の話を伺うとともに,東日本大震災における成功例や教訓,東三河地域の現在の取り組みについても紹介し,近い将来に発生が懸念されている南海トラフ巨大地震に備え,東三河地域の防災力を効果的に向上させる方策について,パネルディスカッション等において議論します。

 

【プログラム】

13:00 開会挨拶 榊 佳之(豊橋技術科学大学長)

13:10 センター事業紹介 齊藤 大樹(安全安心地域共創リサーチセンター長)

13:40 [基調講演]
    「地域特性に応じた地域連携による地震対策」
     久田 嘉章 氏(工学院大学建築学部まちづくり学科 教授)

14:40 休憩

    [話題提供]
14:50 「企業におけるBCM実践例と教訓」
    田代 邦幸 氏(株式会社インターリスク総研BCM室 上席コンサルタント)
15:20 「立地企業が協働で取り組む明海地区BCP」
    金子 鴻一 氏(公益社団法人東三河地域研究センター 常務理事)
15:40 「御津臨海地区の取り組み」
    遠山 繁 氏(御津臨海企業懇話会会長/株式会社エクシム愛知工場長)

16:00 休憩

16:10 [パネルディスカッション]
    パネラー 久田 嘉章 氏,田代 邦幸 氏・金子 鴻一 氏・遠山 繁 氏・齊藤 大樹
    モデレータ― 増田 幸宏(安全安心地域共創リサーチセンター副センター長)

17:00 閉会挨拶 松本 博(建築・都市システム学系長)

[総合司会]中澤 祥二(安全安心地域共創リサーチセンター 准教授)

* 閉会後,17:30~「プラット」内で意見交換会を予定しています。(会費:3,000 円)

 

 

 

PAGE TOP